留学ジャーニー

  • 子どもの留学は本当に良い?|子どもを留学させた親にインタビュー

子どもの留学は本当に良い?|子どもを留学させた親にインタビュー

英語を話せると、幅広い仕事につくことができるなどの利点が多くあります。子どもの将来性を考え、子どもを小さいうちから海外に留学させたいという親御さんは多くいます。

海外に留学させると、語学を早いうちから身につけることができ、また異文化を学ぶことで視野も広がります。

しかし、子どもを単身で留学させるのは不安、という方も多いのではないでしょうか。ここでは、子どもを留学させることのメリットや、留学タイミング、親子留学について紹介します。

小学生・中学生・高校生の留学

留学にはサマースクール、ボーディングスクール、公立学校、親子留学など様々な種類があります。小学生から高校生までの一般的な留学は、その土地のローカルスクールである公立学校に通うことになります。

短期の留学を希望する場合は、夏・冬・春など長期休みを利用した海外体験が可能な、サマースクールを選択する人が多くいます。

寮制度で、教師も学生も同じキャンパス内で寝食を共にし、規律正しい生活を行うことで子どもの成長を促す、ボーディングスクールもあります。

また、子ども単身での留学が心配な親御さんには、親子で一緒に留学する親子留学が人気です。

留学させた子どもの成長

小さいうちから、子どもを留学させることのメリットは多くあります。その中でも一番は、留学させることで子どもの精神力が鍛えられることでしょう。

海外では、自発的に動けるような教育を与えるため、留学を経験した子どもは帰国後、自立心が芽生え、自分に自信を持つなどの大きな成長が期待できます。

また、帰国後はよりいっそう英語に興味をもち、英語の勉強のモチベーションがアップし、自ら目標を立てて勉強し始める等の変化もあります。実際に英語のテストの点数が上がり始めるとさらにやる気が出て好循環となり、より良い成長につながります。

子どもを留学させる適切なタイミング

・小学生で留学する場合

日本語の読み書きができる、漢字が書けるようになってからの10歳前後での留学が良いタイミングでしょう。それ以前ですと、日本語も英語も両方つたない状態となる可能性があります。また、英語の基礎は事前に教えておくと良いでしょう。

・中学生で留学する場合

英語の基礎の勉強が始まり、英語の文法が少し理解できる程度の中学のタイミングでいくのが、一番良いタイミングです。小学生と比較しても、中学生の方が英語の吸収力もよく、マスターするスピードも速いです。高校受験にも有利に働くでしょう。

・高校生で留学する場合

高校生での留学は、英語の基礎の学習が十分な状態になっているため、日常会話以上の英語の上達を望めます。思春期に入ると、自分から話すということを怠ってしまうので、高校の早い段階で留学すると良いかもしれません。

実際に子どもを留学させた親御さんにインタビュー

ここでは実際に子どもを留学させた親御さんにインタビューした内容を紹介します。

Q1.子どもを留学させたいと思ったきっかけは?

A.娘と同じクラスの子が留学をしたのがきっかけで意識し始めた。もともと一歩引いた性格の娘に対し何か弾けるような自分の殻を破る変化を与えたいと考えていました。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.自分が海外が好きで、昔からよく行っていました。海外経験や英語が話せるようになることで、新しいことや新しい世界に出会う楽しさを息子に伝えたいと思ったことがきっかけです。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

Q2.子どもの留学を決断できたポイントは?

A.今回お世話になった留学エージェントの方から話を何度か伺った際に、その話が分かりやすく「ここでなら留学を頼んでも大丈夫かな」と思えた事が決断できたポイントです。あとは、申し込むなら早い方が良いと思い勢いで決めました。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.息子は私立の学校に通わせているので、忙しいこともあって行かせるなら今しかないという感じで決めました。近所に息子の同級生が住んでいて、そこのお姉さんがイギリスに留学するという事でしたので話を聞きました。

イギリスなら英語もきれいだし、金銭的にもアメリカやオーストラリアよりもリーズナブルだったので、イギリスに決めました。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

Q3.留学に求めた子どもの変化

A.友達といる時も一歩引いている娘が、色々な人に会って自分から話しかけられるような積極性を身に付けて欲しいと思っていました。留学では例えば飛行機の乗り継ぎや学校の生活でわからないことがあれば聞かなければいけないので、自分から声を出せるようになるかなと思いました。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.1ヵ月の留学で英語が話せるようになるとは思っていなくて、それよりも日本人がいないところで経験してもらいたいと思っていました。楽しいことも不便なことも、良いことも悪いことも感じてもらいたくて留学に行かせました。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

Q4.留学前に不安だったことは?

A.寮が2人部屋になると聞いていたので「どのような子と一緒になるのか」「うちの子はうまく打ち解けられるか」という事を心配していました。結局は1人部屋になったそうです。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.不安や心配は私自身ほとんどありませんでした。「周りに助けてくれる人がいない状態でどうやって行くのか」「自分でやらなければいけない」という事を考えて欲しい気持ちの方が強かったです。

犯罪に巻き込まれないかという心配もありましたが、スリなどであればむしろ経験になるのではないかとも思っていました。日本が平和なだけで、そんなことは海外ではあることなので。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

Q5.ホームステイや寮など留学の形態はどのように決めましたか?

A.ホームステイにするか寮にするかは、留学エージェントの担当の方がメリットとデメリットを説明してくれました。寮の方が色々な国の方と知り合えるかなと思い寮に決めました。

また、ホームステイだと通学がバスになると聞いたのでその点も心配でした。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.まずはインターネットで調べたり、留学に行った私の友達に話を聞いたりしました。本当は留学会社を通さずに手配まですべて自分でやることを考えていたんですが、息子の年齢だとそれが難しい。

子どもを単身で留学させるにはやはり留学会社にお願いしなければいけなかった。それからは留学会社さんに資料請求を行い、電話で話を聞いて、イギリスに決めました。そこではホームステイでの留学となっていたのでそうなりました。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

Q6.留学が決まってからの動きは?

A.まずは飛行機をどこから乗るかを決めたあと荷物を用意してという感じでバタバタとしました。1週間に1度しか洗濯がないと聞いていたので衣類だけは多めに持っていかせました。

あとは市販薬を用意しました。パスポートは修学旅行用に取り直していたので問題ありませんでした。それと留学エージェントさんに教えていただいて海外保険への入会とデビットカードの準備をしました。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.スーツケースを一番大きなものに変えたぐらいですかね。息子は学校の英語の先生に英語の使えるフレーズや本をもらったりしていました。

インターネットの情報によると留学先のバースは夏だという事だったので夏服を持たせたのですが、実際は凄く寒かったみたいで現地で洋服を買い足したと言ってました。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

Q7.留学後の子どもの変化

A.留学を通して、一人で生活していくことの大変さを実感し親のありがたみや周りに助けられているという事を感じてくれたみたいです。もともと大学進学の際は一人暮らしをすると言ってたんですが、帰国直後は「家から通う」と言っていました。

しばらく経った今では「やっぱり一人暮らしする」と言っています。いろんなことを彼女なりに考えてくれたみたいで、本当にいろいろな面で自立してくれているなと感じています。(女性:会社員 /お子様:高校生女子 )

A.1ヵ月間の留学生活がすごく楽しかったみたいです。「今まで生きてきて一番いい時間を過ごせた」と言っていました。その中で英語の準備不足にも気づけたようで今は学校で受けられる英検の試験を頑張るために取り組み始めたみたいですね。

絶対にまたイギリスに行きたいみたいで、それを目標に頑張っています。「どうすれば長期でいけるだろう?」と自分でも調べて、「実行出来たらいいな」と感じているみたいです。

英語のテストも思ったより点数があがっていますね。あと、たまたま私自身が海外の人と電話する機会があったんです。その時、「変わって」と言って私のわからないところを説明してくれました。(女性:会社員 /お子様:中学生男子 )

子どもの留学におすすめな国

ここでは実際に小学生が留学できる国について紹介します。

イギリス|バース

街全体がユネスコ世界遺産に登録されていて、世界でも有数の歴史ある街。古代ローマ時代とジョージ王朝時代の歴史や建造物で知られており、イギリスの文化や歴史を感じることができます。アクティビティでは古代ローマの公衆浴場&観光ツアーなども行われています。

イギリス|トーキー

治安が良く、美しい海辺にある親しみやすい雰囲気の小さな街。受賞歴のあるビーチがあり、ヤシの木が立ち並んでいます。絶景の自然美が有名な地域で、イングリッシュ・リヴィエラと呼ばれ、昔から避暑地として知られています。

アメリカ|サンディエゴ

美しいビーチ、素晴らしい海岸線で知られている1年を通して温暖で快適な都市。レストランやショッピングモール、映画館、図書館、野球場など公共施設が充実。映画スタジオツアーなど、ここでしか味わえないアクティビティ体験も。

カナダ|バンクーバー

カナダ有数の美しい湾岸都市。世界で最も住みやすい10都市に常に選出されている。カナダらしい美しい公園が数多く点在しており、中でも広大な「スタンレーパーク」ではアクティビティとしてサイクリング体験も行われます。

もっと詳しく知りたい方は留学サポートサービスの利用をおすすめします。「カプラン・インターナショナル・イングリッシュ」では希望に合わせた留学支援を行ってもらえます。

小学生が単身留学できる条件

小学生の子どもを単身で留学させる際には複数の条件をクリアしないといけません。例えば、起床する、着替えをする・時間通り教室に行く・自分の部屋まで帰ってくる・歯を磨く・次の日の用意をする、などの基本的な生活を一人で行えることが必要な条件です。自分自身で生活をすること、感情表現がしっかりできること、が前提となります。

例として挙げた事柄に自信がなく不安な場合でも、留学できる方法があります。基本的な生活が少し難しい子ども、または、基本的なことは一人でできるけれど外でしっかりできるか不安、と親御さんが心配する場合は「親子留学」という選択肢もあります。

まとめ

子どもを留学させることのメリットや留学タイミング、留学先について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。大人になってから海外へ留学するよりも、子どものうちに留学を経験する方が英語の習得力だけでなく、人格形成にも、良い影響をたくさん受けます。

子ども単身での留学が心配な場合は、親子留学がおすすめです。子どもの留学、親子留学について興味のある方は、ぜひ一度留学サポートサービスの利用をおすすめします。

「カプラン・インターナショナル・イングリッシュ」は相談だけでも受けてくれるので、悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

TOP