留学ジャーニー

  • 冬休みに留学に行く際に必要なもの6つと留学先の国の選び方

冬休みに留学に行く際に必要なもの6つと留学先の国の選び方

冬休みの短期留学は、英語だけでなく異文化にもより深く触れることができるベストな時期!留学を通していつもと違った冬休みを過ごして、一生忘れることのできない冬休みにしませんか?アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアの特徴な どをご紹介します!

冬休みの留学までの流れ

冬休みに「留学をしよう!」と決めたら、まず6~3カ月前くらいから情報収集を始めましょう。資料請求や見積もりをして留学アドバイザーに問い合わせ、質問や相談をし始めます。留学アドバイザーのサポートを受けながら、短期留学をする国や学校を選んだり、ホームステイなのか寮なのか滞在方法を決めましょう。 そして、4~1カ月前までには、航空券予約やパスポート・ビザ申請、保険加入手続き等をしましょう。 それと同時に、留学をするのに必要なものを早めに準備し始めましょう。

パスポート
申請または有効期限の確認をしておきます。有効期限の残りが短け れば再申請が必要になるため、事前に確認しておきます。
航空券
留学日程が決まり次第、航空券を予約します。
ビザ
海外に留学をする際に必ず必要なビザ。航空券を予約した後に申請しましょう。
スーツケース
滞在日数に合わせた大きさ、留学に行く本人でも扱いやすいスーツケースを準備しましょう。
外貨またはトラベラーズチェック
事前に日本でお金を留学先の外貨に両替しておきます。現地で両替すると手数料を多く取られてしまったり、手間がかかったりするためです。また、トラベラーズチェックは入国時、所持金証明として有効ですが、現地で両替所に行き外貨に変えなくてはならないという手間がかかるため、あまりおすすめはしません。
衣服
留学先の四季や気候に合わせた服を用意しましょう。例えば、日本の冬休みは、オーストラリアでは夏休みになります。

こういったことを子どもと一緒に準備をすることにより、子どもの自立心を育てる一環 となりますね。ぜひ、お子さんと一緒に準備してください。

色々な国への冬休みの短期留学の特徴

アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアの短期留学先としての特徴をご紹介します。 同じ英語圏ですが、それぞれの特徴などを知ったうえで自分の行きたい国を決めましょう。

【留学先①】アメリカ

アメリカは、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどアメリカ国内でも地域でさまざまな特徴があります。英語も日本で学んでいる英語と同じなので、学びやすいと思います。学校も街中に位置するものから郊外にある学校まで幅広く選ぶことができ、また治安も比較的よく、食事もおいしく、留学先に人気です。 また、冬休みの時期、アメリカは日本と同様にクリスマスムード一色になり、まるで映画のワンシーンを見ているかのような光景が見られることでしょう。アメリカのクリスマスは、家族が集まって七面鳥を囲み、ゲームなどで盛り上がることが多いです。 日本のように恋人と過ごしたりすることは少ないため、この時期にホームステイをしているとより一層アメリカ文化に触れることができるでしょう。

【留学先②】カナダ

カナダ英語は、アメリカ英語とイギリス英語の両方の特徴を持ち合わせているため、アメリカ英語だけでなく、イギリス英語も一緒に学ぶことができます。そして、フランス語が公用語になっているためフランス語も身近に感じることができるでしょう。 また、カナダでもクリスマスは盛大に行われ街中のイルミネーションが綺麗です。アメリカ同様に、家族で集まり食事をすることが多いためホームステイがおすすめです。

【留学先③】イギリス

私たちが日本で英語を学ぶベースになっているアメリカ英語とは少し違うイギリス英語。同じ物でもスペルや発音が違ったり、新しい発見ができます。 また、伝統的な街並みなどもイギリスならでは。 クリスマスも本場イギリスで触れることができるため、とてもよい体験となることは間違いありません。

【留学先④】オーストラリア

上記3カ国との一番の違いは、日本の冬休みはオーストラリアの夏休みということ。 季節が日本と逆になるため、寒い日本から暑いオーストラリアに行くことになり、 冬なのに夏を感じることができます。オーストラリアは、イギリス植民地だったためイギリス英語がベースになっていますが、独自のオーストラリア英語訛りがあります。 治安もよく、日本との時差があまりないため、留学先として行きやすい・過ごしやすい国として人気です。留学先の国選びと同じくらい大切なのが、英語プログラムの選択です。 せっかくの留学が無駄なものにならないように、そして安全に行くことができるように、サポートが整っていることが重要です。1クラスの人数や教材、レベルテストの実施の有無、 英語を学ぶだけでなくアクティビティや小旅行があるかなども選ぶときの大切な要素です。

冬休みの留学で得られるもの

最大1カ月となる冬休みの短期留学。学校に通い、英語を英語で学ぶことにより、 英語を聞く力がつきます。さらに、アクティビティに参加することにより、英語を話す度胸がつき、英会話力を伸ばすことができます。しかし、英語だけではなくクリスマスや年越しを過ごすことにより、日本と違う過ごし方を体験し視野が広がることでしょう。 留学に行くことに悩んでいたり、行こうと決めているのであれば、専門の留学プログラムの資料請求や問い合わせを通して良質なサポートを受けましょう。その留学が将来につながるかけがえのない体験になることが一番重要です。

TOP