留学ジャーニー

  • 30代の留学に悩む男女へ|語学学校や海外生活の費用などを徹底解説

30代の留学に悩む男女へ|語学学校や海外生活の費用などを徹底解説

「30代での留学はもう遅いのか」
「仕事を辞めて留学するのは、後々考えると不安、、」

男女問わず、30代での留学に悩む人たちはこのように考えるはずです。
年齢だけでなく、費用や海外生活、帰国後の就職など学生時代に比べ、「留学する」という決断をしづらいですよね。

しかし、それでもアラサー男女の留学はここ数年で飛躍的に伸びています。
それは、それら以上に得られる価値の方が多いからです。

この記事では実際に30代で留学経験をした女性の経験談と30代で留学をするメリット・デメリットに加え、予算別留学先のおすすめを紹介します。

30歳で語学留学を決めたキッカケ

【体験談】30代で留学を決断した女性

私の友人のAさんは、30代前半で台湾に留学に行っていました。彼女はそれまでやりたいこともなく、気がついたら30代になっていたといいます。しかし、このままではダメだと思い、自分は何がしたいのかよくよく考えると、10代の頃に海外に憧れを持っていたことを思い出しました。

そこで、彼女は何回かに分けて海外を旅行。そこで、台湾が自分の肌に合い、中国語や台湾の文化をもっと学びたい感じました。しかし当時のAさんは、仕事も安定しておいり、正直辞めるのはもったいない気持ちも捨てきれず、悩んでいました。
ただ人生一度きりなので最後にトライしてみたい気持ちもあり、台湾への留学を決意しました。


この経験からAさんがいっていたのは、自分はやりたいことから逃げていたということです。この言葉を聞いたとき、ハッとしました。昔からやりたいことはたくさんあったはずです。しかしそれを、仕事やかかる費用、恋人などを理由にすべて延期している自分がいることに気がついたのです。


そして帰国後、Aさんは本場で身につけた中国語を生かし、キャリアアップに繋げていました。

きっと30代で留学を考える人も、彼女の言葉にハッとしたのではないでしょうか。挑戦する気持ちは何歳になっても残っているはずです。留学に年齢は関係ないと思わせてくれたエピソードでした。

ブログを見ると現地での生活や帰ってきてからの就職などの情報がわかるかも

30代での留学に悩んでいる人はたくさんいます。
そのような人たちがどんな悩みを抱えていたのか、どのように決断したのか知りたいですよね。
そんな時にオススメの方法が、「ブログを見ること」です。

多くのブログには以下のようなことが書かれています。

・30代で語学留学を決めたキッカケ
・仕事を辞めることについて
・社会人経験のある人の留学で得られること
・女性特有の悩み
・国選びのポイント
・海外生活のいろは
・帰国後のキャリア選択

このような「人生の先輩方の成功体験・失敗体験」を踏まえた上で、留学の決断をしてみてはいかがでしょうか?

留学に年齢は関係ない|留学を成功させる2つのポイント

近年30代の留学はとても多いです。
つまり、留学に年齢は関係ありません。
それよりも、留学を成功させるために大切なポイントがあるので紹介します。

目的意識を持って留学に臨むこと

「留学さえすれば、将来必ず自分にとってプラスになる」

このように考えている人は多いかと思います。
しかしこれは大きな間違いで、目的意識を明確にして、なぜ留学をするのかを明確にしてから渡航しないと、逆に費やした時間とお金が無駄になってしまいます。

中には、1年間アメリカに留学したにも関わらず、全く話せずに帰国してくる人もいます。
そういう人は当然、その後の就職も難しくなります。

しかし留学体験で得られるのは、語学力の上達だけではありません。
世界中から集まる学生と日々切磋琢磨し合う中で、グローバル社会を生き抜く上で必要なスキルを学んだり、掛け替えのない仲間を得ることも可能です。

自分がなぜ留学したいのか、それ以上の価値を得る努力を自分はできるのか。
しっかりとした目的意識を持って留学することで、得られるものは計り知れないものになるでしょう。

日本人と群れないこと

「日本人は留学先でよく群れる」

これは有名な話ですよね。
なぜ群れるのかというと、

①英語が話せず、不安だから

②母国語が同じで、言いたいことを言える人たちと遊んだ方が楽しい

このような理由になります。
しかし、せっかく時間とお金をかけていくのに、日本人だけでいたらにhんにいるのと変わりませんよね。
「日本語は帰国するまで一切話さない」くらいの覚悟がなければ、1年やそこらで語学の飛躍的な成長は見込めません。
その辺りについても、渡航前に一度考えてみてはいかがでしょうか。

30代で留学することのメリット

彼女は、30代で留学するメリットについても教えてくれました。そこで、ここまで読んでいただいた方にそのメリットをご紹介したいと思います。

【メリット①】興味の対象が明確

学生の頃に留学をした経験は、その後の人生に大きな影響を与えます。世界中から集まった人たちと遊び、学び、戦い、毎日が刺激的です。しかしその一方で、何を学びたいのか不明確なまま留学に行く人もいます。目的がない留学は、学びも少なく、1年留学してもまったく英語が話せない人も実際に見てきました。

しかし30代であれば、社会人として働いてきた経験があります。そこから何を学びたいのか明確になっている人も多いはずです。目的が明確になっている分、努力のしがいもあります。

【メリット②】人生の目的が見つかる

すべての30代が、留学に行く目的を明確に持っているわけではありません。中には何も刺激のない人生に疲れた人や、日本からとにかく離れたかったという人もいます。むしろそういった人は多いかもしれません。

しかし、それでいいのです。留学先で学びたいことが曖昧でも、留学をしてもいいのです。30代は人生の分岐点。今まで進んできた人生を少しでも変えたいと、留学をするのも悪くありません。

私の知り合いは、このパターンで将来のパートナーに出会いました。今は、結婚し2人の子どもを授かっています。人生は何が起こるかわかりません。だからこそ、悩まず思いっきり飛び込んでみるのもよいのではないでしょうか。

30代で留学することのデメリット

30代で留学するデメリットはないといいたいところですが、2つ挙げておきます。

【デメリット①】帰国後の就職が少し大変

厳しい現実ですが、30代で一度仕事を辞めると帰国したときの就職先は、職歴に一旦ブランクが出来てしまうため、通常の中途入社に比べて少なくなる傾向があります。

しかし、今となっては大手企業から中小企業まで数多くの企業が存在するため、留学で得られた語学力・価値観・人間力を活かし、再就職先を見つけることが昔より容易になっています。そのため自分のキャリアステップの為にも30代の留学はおすすめです。

【デメリット②】費用がかかる

20代の頃とは異なり、30代は生活費や居住費が高くなる傾向があります。20代の頃であれば、シェアルームに住んだり、屋台で食事をしたりするのに抵抗がなかったかもしれませんが、30代になると自分のスペースが欲しかったり、ある程度しっかりとしたものが食べたくなります。

そのため、20代に比べると生活費が高くつきます。

例えば、アメリカに留学した場合、生活費で3万円、1人用の部屋で8万円はかかります。もちろん、場所によって異なりますが、東京以上にお金がかかることを知っておいたほうがよいでしょう。

予算に応じて国選びをしよう

お金がある人は自由に住みたい場所を選べますが、予算に余裕がない人はできるだけ生活費を抑えられる地域や国を選ぶべきです。例えば、英語を話せるようになりたいということであれば、アメリカではなくフィリピンという手もあります。学費や生活費を含めて、半分以下の費用で留学できます。

このように国や地域によってかかる費用は異なりますので、後悔がないように考えられるすべての選択肢を検討してみてください。

30代の留学は無理ではない!積極的に挑戦しよう

30代の留学は現実を考えると、なかなか気軽に行けないと思っていた方も多いでしょう。

しかし、30代の留学メリットやデメリットでも述べたように、30代で留学することによってこれまでの普通の価値観や人間力を逸脱し、より磨かれた人材として活躍できる幅が広がります。ぜひ留学に挑戦してみましょう。

万が一、この記事を読んでも30代での留学に不安なことがある場合、無料カウンセリングサービスなどを活用するのがおすすめです。
中でも過去75年間英語教育を提供してきた実績があるカプラン(https://www.kaplaninternational.com/jp)では、”プロの留学アドバイザー”が一人ひとりの目的や予算に合わせて相談に応じてくれる「無料カウンセリングサービス」があります。

まずは気軽に、留学アドバイザーに直接相談してみてはいかがでしょうか。

TOP