留学ジャーニー

  • パース留学が英語学習に良い理由とおすすめ語学学校の紹介

パース留学が英語学習に良い理由とおすすめ語学学校の紹介

「治安が良い場所で留学したい」
「日本人が少ない環境で英語を学びたい」
そのように考えたうえでオーストラリアのパースを留学先として検討している方は、少なからずいらっしゃるでしょう。

そこで今回はパースでの留学がおすすめできる理由を、生活面・学習面においてのメリットとパースの語学学校の紹介を踏まえて説明します。

これを読んで、「留学先どこにしようかな...」という悩みを少しでも晴らしていきましょう。

留学国にパースを選ぶメリット(生活編)

まずはパースに留学する生活面でのメリットを「交通」「環境」「仕事」ごとにご紹介します。

交通網が整っているコンパクトシティ

現地生活で欠かせないのが交通手段です。パースは中心部から全方位に交通網が広がり、街全体がコンパクトにまとまっています。

主な交通手段としてはバス、電車、フェリーになります。

おすすめはスマートスライダー。日本で言うところのSuicaにあたるカードです。これ1枚あれば公共機関すべてに利用できるだけでなく、通常利用で15%OFF 。自動引き落としにすれば最大25%OFFにもなる優れものです!

また、黒猫が目印のキャットバスは、市内の一定区間が無料で移動できる循環バスです。これは利用するしかないですね!

市内から30分にビーチ、街の中心部に広大な公園のあるリラックスできる環境

パース市内には約400ヘクタールの敷地面積を誇る「キングスパーク」があり、その展望台から見えるパース市内の景色はまさに絶景。パース市民の憩いの場としても親しまれています。

また、美しいビーチも見どころです。市内から約30分のところにあるのが西オーストラリア州でも屈指の人気を誇る「コステロー・ビーチ」。シュノーケリングやサーフィンなどのマリンスポーツ、そしてインド洋に沈む神秘的な夕日を眺めることができるスポットです。

学生ビザでもアルバイトが可能+最低賃金が高い

オーストラリアは学生ビザで週20時間まで働くことが可能です。しかもオーストラリアは世界で一番最低時給が高いと言われ、その中でもパースの時給はトップクラスに高いです。

なんと最低時給$18.66!更に土日祝は2倍の時給になるというから驚きです。

留学先にパースを選ぶメリット(学習編)

続いてパースに留学する学習面でのメリットをご紹介します。暮らしやすいパースですが、学習面でも大きなメリットが存在します。

パースを選ぶ大きなメリットは「日本人が少ないこと」

パースはオーストラリアの人気都市が固まる東海岸やカナダ、ニュージーランドなどの人気留学国に比べても日本人、アジア人が少ない都市です。逆にヨーロピアンの留学生が多く、英語を話さないといけない環境に自分を追い込むことができます。

シドニー、ブリスベンといった人気都市とパースの人口を比較

オーストラリアの3大都市と言えばシドニー、メルボルン、ブリスベンです。

パースはブリスベンに次ぐオーストラリア第4の都市です。シドニーの人口は約500万人。メルボルンは約470万人。パースは約200万人。その差は約2.5倍!ちなみにブリスベンは約230万人となり、町の規模はブリスベンに近いです。

日本人が多い都市で起こる、留学の失敗事例

「日本人とはできるだけ一緒にならない!」と誰もが留学前には思うものです。

しかし、現地へ行くと日本人同士でずっと固まっている留学生が多いのも事実です。その留学生たちも初めから日本人同士で固まろうと思っていたわけではありません。英語ができないという不安から周りの日本人留学生に頼ってしまい、その環境に順応してしまったというのが実情です。

結果、せっかく海外留学へ来たのに友人は日本人ばかりで英語力があまり伸びなかった、というのは日本人が多い都市ではよく聞く話です。

パースなら、多民族で日本人が少ない環境で勉強ができる

パースは1950~1960年代に多くのヨーロッパ移住者が船で流れ込み、その後も東南アジアやインド、南アフリカなど多くの移民を受け入れてきた歴史がある多民族国家です。

そのため、日本人が非常に少ない環境で勉強ができ、学校だけでなく普段の生活でも英語に触れる機会が多くなります。

日本人が少ない、パースの語学学校はどこ?

パースで語学学校を探す際の重要な要素です。詳しくご紹介します。

語学学校を選ぶときは、日本人比率をチェックしよう

せっかく日本人が少ない都市パースに来ても、学校に日本人がたくさんいたら、つい日本人同士で固まってしまいます。語学学校を選ぶ際に重要なチェックポイントは、ずばり「日本人率」です。

日本人が少ないパースの学校なら『Kaplan International』がおすすめ

日本人が少ない学校を選ぶなら『Kaplan International』がおすすめです!約30ヶ国から留学生が訪れ、ブラジルやコロンビアなどの南米国籍の留学生の割合が約50%という多国籍な環境のなか、日本人率は約10%前後と非常に低いです。

Kaplan Internationalのサービス内容

カプランは世界6ヶ国、40校の校舎を誇るワールド校と言われる語学学校です。ヨーロッパ発祥の語学学校のため、ヨーロッパ圏の留学生が多く、電子黒板なども完備した恵まれた施設で最新鋭のレッスンを受講することができます。

アットホームでコミュニケーションを大切にした授業、ビジネス英語や試験対策コース、大学進学サポートにも定評があります。

「K+ラーニングシステム」はインターネットを利用した24時間学習可能なカプラン独自の継続英語学習システムです。Wi-fi環境さえあれば、ホームステイ先でもシェア先でもリーディングやライティングだけでなく発音、文法の学習が可能です。時間帯によりガイダンスと指示を受け、グループレッスンやレクチャーを受講することも可能です。

追加料金で卒業後も一定期間の使用が可能で、留学期間中のみならず、その後の英語学習のブラッシュアップにも利用することができます。卒業生アンケートの、友人や家族へすすめたいという回答は脅威の約95%!学校の満足度が数値からも証明されています。

パースでの留学はおすすめな理由がたくさんある

世界中にたくさんある留学都市の中でも、パースでの留学がおすすめな理由は以下です。

①交通の便がいい
②時給が高いため生活費をためることが比較的容易
③日本人が少ない上に多民族国家のため英語が学びやすい環境である。

このようにパースでの留学にはメリットがたくさんあります。
しかし、学校によって日本人の多い学校などもあるため、せっかくの多民族国家ならではのメリットを享受するには学校選びが重要となってきます。
ぜひ留学先の語学学校は慎重に選びましょう。

TOP