留学ジャーニー

メルボルンが留学先としてオススメな理由

海外に留学して英語を学びたい!とお考えの人に、ぜひご紹介したいのがオーストラリアの「メルボルン」!

教育水準が高く治安も良いことから、学生・社会人と幅広い層に人気のエリアです。さらに、メルボルンは観光スポットも豊富で、楽しいステイになること間違いなし!

こちらでは、メルボルンの教育についてや、具体的な語学学校のご紹介など、留学検討中の人には必見の情報をお届けします。

メルボルンの特徴

オーストラリア・ビクトリア州の州都として知られるメルボルン(Melbourne)はオーストラリアの教育・文化・政治の中枢を担う大都市です。メルボルンの特徴をご説明します。

人口

メルボルン市が公開している情報によると、2017年現在、メルボルン市には約136,000人の市民が居住しています(前年比で11.6%増加)。

しかし驚くことなかれ。観光客、ビジネスマン、留学生など一時的に流入する層を含めると、その数なんと 903,000人ほど。そのうち、留学生を含む学生の数は約78,000人、観光客は約35,000人と報告されています。

イベント

イベント目白押しのメルボルンは、累計8,000ものイベントを開催しています。ファッションウィーク、ミュージックウィークなど文化や最新トレンドに触れることができるイベントが多数。大晦日のカウントダウンも必見です。

文化

メルボルンは“アートの街”でもあります。ギャラリーが市内各地にあり、アーティストへの後援事業など、市をあげて創作活動を推進しています。

近代的な造形作品やアボリジニゆかりの芸術作品など、さまざまなジャンルのアートに触れるチャンスがあります。

カフェ

メルボルンに滞在するならぜひカフェに足を運んでみましょう。市内にはオシャレで居心地の良いカフェがずらりと並びます。朝食に上質なエスプレッソとサラダやパンはいかがでしょうか。短期滞在で見つけられない、お気に入りのカフェを探すことができるのも、留学の醍醐味かもしれませんね。

メルボルンの教育水準

ビクトリア大学(Victoria University)やメルボルン大学(The University of Melbourne) など複数の大学を擁立するメルボルンは、オーストラリア最大級の教育・研究都市です。

また、国際交流や異文化教育にも熱心。留学生の相談デスクを設けるなど、留学生受け入れを推進する体制があり、魅力的な留学先と言えるでしょう。

メルボルンの語学学校紹介

こちらでは、市内にある語学学校をご紹介します。ぜひ気になる学校の情報をチェックしてみましょう。

Embassy English Melbourne
https://www.embassyenglish.com/locations/anz/melbourne
ユニバーサル工科大学、モナーシュ大学にほど近い場所にあります。初級クラスからビジネス・学術クラスなど学ぶ目的に合わせたコース選択が可能です。
Lyseum English Language Ausutralia
https://www.lyceumenglish.com/
平均12~13名の少人数制コースを設けており、少数精鋭のクラスで学ぶことができます。オーストラリア人学生との交流機会を設けるなど、イベントも多数。
Kaplan International English
https://www.kaplaninternational.com/jp/australia/melbourne/english-school-melbourne
国際色豊かで日本人の少ない環境が魅力の同校は、一般英語コースから資格試験コースなどカリキュラムも豊富。また、学生寮や現地大学への進学など、留学生活をトータルでサポートしてくれる体制があります。

メルボルンおすすめスポット一覧

語学の習得だけでなく、オーストラリアの文化や自然に触れることも留学の醍醐味。おすすめのスポットをご紹介します。

    • オーストラリア現代美術館

新進気鋭のアーティスト達によるアート作品に触れることができます。時期によって異なる展示を目当てに、留学期間中に何度も訪れたいスポットです。

    • グレートオーシャンロード

約260kmにわたる美しい海岸道路。海岸にそびえたつ切り立った断崖が圧巻!

    • メルボルン博物館

カールトン庭園に位置するメルボルン博物館では科学、歴史、自然などをテーマにした展示が公開されています。広い館内が見応えアリ。

    • 州議事堂

かつて連邦議事堂として使用されていました。コリント様式の建物は趣があり、一度は訪れたいスポット。平日は観光ツアーが組まれています。

メルボルンへの留学費用相場&内訳

留学を検討するにあたって、気になるのが費用のこと。こちらでは、メルボルンへの留学にかかる費用の相場をご紹介します。

学費

2週間~の短期留学で一般レベルの場合、1週当たり300~400AUドルが相場。よりハイレベルなコースを選択する場合、期間も10週~と長期にわたり、費用は3,000~10,000AUドルと幅があります。

渡航費

航空券は往復で日本円で10万円前後、シーズンによって価格に幅があるため、自身の日程に合わせて確認してください。年末年始など、ハイシーズンはオフシーズンの倍以上の価格になることもあるため要注意です。

住居費

ホームステイの場合、週あたり300~400AUドルが相場です。ケースバイケースですが、1日2食の食事が含まれる場合が多いです。

生活費

居住するエリアにも左右されるため、一概には言えませんが、大都市であるメルボルンの物価はやや高め。カフェでランチをすれば、1食当たり10~15AUドルはかかります。

一方、交通費はバスと地下鉄が片道4AUドル前後。週5日で約40AUドルの計算です。2食付きのホームステイで1日1食のみ外食、週5日で登校し、休日はレジャーを楽しむ・・・このようなケースでは、1週間あたり150~200AUドルは確保したいところです。

勉強メインの留学なのか、時間が許す限り観光も楽しむのかなど、留学のコンセプトによっても変わってくるでしょう。

トータル金額は?

仮に2週間の短期留学をした場合、おおよそ2000AUドル+往復航空券で10万円前後かかる計算です。レートによって異なりますが、日本円で約30万円は見ておきたいところ。長期滞在の場合は期間によって幅があります。

まとめ

オーストラリアを代表する文化都市、メルボルン。教育レベルも高く、留学生を支援する環境や語学学校も充実しています。2週間の短期留学であれば、30万円前後が費用の概算です。

住環境や選択する語学コースによっても差が出るため、まずは資料を収集してみてはいかがでしょうか?

TOP