留学ジャーニー

  • 社会人の語学留学は短期がいい!メリット・費用・準備を解説!

社会人の語学留学は短期がいい!メリット・費用・準備を解説!

「会社を辞めてまでの留学は難しい。」
「休暇を利用して短期の留学をしたい。」

忙しい社会人が語学留学をしようと思うと、なかなか長期は厳しいという声は多いです。 そこでおすすめしたいのは、「短期の語学留学」 です。

今回は、
・社会人の短期留学のメリット、デメリット
・短期留学の費用
・留学前の準備、過ごし方
をご紹介します。

短期留学で学べること

短期留学では、留学期間に応じてさまざまなプログラムを選択することができます。

語学はもちろんのこと、ダンス、おけいこなどのレッスンや、ホームステイ、ボランティアなどを体験できます。

社会人が語学留学を短期でするメリット・デメリット

社会人の留学と学生時代の留学との違い

学生時代は、
「単位になるから」
「親が資金援助してくれるから」と受け身の姿勢で留学する人が多いですが、
社会人の場合、
「自分のスキルアップのため」
「就職・転職に生かすため」
「TOEIC®やTOEIC® SW試験対策のため」と目的意識を持って留学する人が多いです。

また社会に出て、自ら学ぶ必要性を知っているため、留学中に貪欲に学ぶことができる人が多いのが特徴です。

社会人の短期語学留学のメリット

それでは社会人の短期留学について、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

まずはメリットです。

・留学をすることで語学のスキルアップができ、今後のキャリアアップにつながる
・滞在中は外国語だけで生活するため、会話力向上につながる
・日本では体験・経験できないこと、その国の文化体験をすることができる
・海外に友人や知人ができ、今後のビジネスにつながる可能性がある

社会人の短期語学留学のデメリット

・勤務先へ長期休暇申請をする必要がある
・長期休暇が取れなかった場合、休職や退職も検討しなければならない
・もし休職や退職となってしまった場合、今後のキャリアアップに影響が出る場合がある
・語学力を伸ばすという点においては、長期留学よりも不利
・短期留学を目的とした退職の場合、大きな成果がなければ就職時に不利になることも…

もしメリットよりもデメリットが気になるようであれば、留学をしないほうが得策です。

というのも日本で働く以上、人生の中に「キャリアの空白の期間」があると、昇給時や就職時に深く突っ込まれる可能性が非常に高いからです。

その期間について自信を持って答えられなければ、今後のキャリアに不利になってしまうことが考えられるため、単純な憧れだけで留学するのではなく、「何のために留学するのか」という明確な目的を持っておきましょう。

社会人の短期語学留学にかかる費用

短期留学の予算は、1週間の場合と、3週間の場合ではそれぞれ以下の通りです。

語学学校の所在地やプラン、プログラムによって金額が異なってきますので、だいたいの目安としていただければと思います。生活費については人それぞれのため、主に食事や買い物など日常生活に問題のない程度を想定しています(お土産代などは含まれていません)。

1週間の語学留学にかかる費用

※滞在費…航空券代金・語学学校の学費・宿泊費としています。

滞在費 生活費 合計
イギリス 25万円〜 5万円〜 30万円〜
韓国 17万円〜 3万円〜 20万円〜
中国 23万円〜 2万円〜 25万円〜
カナダ 25万円〜 5万円〜 30万円〜
アメリカ 25万円〜 5万円〜 30万円〜
オーストラリア 15万円〜 5万円〜 20万円〜

3週間の語学留学にかかる費用

※滞在費…航空券代金・語学学校の学費・宿泊費としています。

滞在費 生活費 合計
イギリス 40万円〜 10万円〜 50万円〜
韓国 25万円〜 5万円〜 30万円〜
中国 30万円〜 5万円〜 35万円〜
カナダ 45万円〜 10万円〜 55万円〜
アメリカ 45万円〜 10万円〜 55万円〜
オーストラリア 30万円〜 10万円〜 40万円〜

語学留学前の準備と留学中の過ごし方

留学前の準備

事前にある程度学習しておく

留学を決めた後、「どうせ留学するから…」と学習を疎かにしてはいけません。留学前の事前学習こそが、留学を楽しく有意義に過ごすカギとなります。

時間に余裕のある限り、学習してから出発するのがおすすめです。例えば英語圏に留学するのであれば、少なくとも中学英語〜高校基礎程度のおさらいはしておきましょう。

留学中の過ごし方

現地では日本人となるべく接しない

せっかく留学に来ているのに、現地で知り合った日本人とばかりコミュニケーションしていてはもったいないですよね。特に短期留学の場合、貴重な休暇を利用して渡航しているので、ぜひ日本人以外の外国人たちとコミュニケーションを取るようにしましょう。

自分から積極的に動く、声をかける

留学中にもう一つ大切なポイントとしては、「自ら積極的に動く」ということです。留学先の語学スクールに通学するだけでは、留学中のメリットを生かしきることができません。限られた時間を有意義に活用するため、自分から現地の人に声をかけたり、クラスメイトと一緒に食事に行くなど、とにかく自ら機会を作り、英語を話す環境を作りましょう。

社会人は留学したいと思ったときがチャンス

【メリット】
・英語力、キャリアアップ、海外での人脈などプラスの効果あり。
【デメリット】
・勤務先への休暇手続きが必要。
【費用】
1週間の場合・・・25万円〜
3週間の場合・・・35万円〜

いかがでしょうか。社会人の短期留学にはメリットもデメリットもありますが、勇気を持って一歩を踏み出した多くの人々が、今日もまた新しいキャリアをスタートさせています。一度きりの人生、留学したいと思った今がチャンスなのではないでしょうか。ぜひ社会人留学で、新たな自分を見つけてみてくださいね。

TOP