留学ジャーニー

  • トロントへの留学をおすすめしたい理由と魅力・留学費用を解説!

トロントへの留学をおすすめしたい理由と魅力・留学費用を解説!

広大な自然と大都市が融合するカナダの街、トロント。

カナダでは最大の都市とされており、北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ大都市とされています。
トロントは経済や金融の中心地でもありながら、芸術や文化なども世界的に有名な土地です。

英語を勉強する場所としては当然ながら、文化を学ぶ場所としてもトロントは最適と言えます。

ここでは、トロントの魅力とおすすめの語学学校をご紹介していきます。

トロントの特徴

トロントはカナダ経済の中心地で人も多く、非常に活気づいた街です。
歴史上、ヨーロッパからの入植者が多く、特に東ヨーロッパのドイツ、イタリア、ユダヤからの移民を
多く受け入れていたこともあり、現在でもさまざまな人種が生活をしています。
そのため、トロントは複数の文化で組み合わされており、国際色豊かな人口構成となっています。

カナダの気候は、夏は蒸し暑く、冬は寒いという特徴があります。
しかし、トロントはカナダの南部に位置していて、オンタリオ湖に面していることからも寒暖の差が激しくなく、比較的落ち着いた気候となっています。
四季がはっきりしており、1日の気温の変化もはっきりしているのは日本と少し似ているところでもあります。

トロントは、世界の住みやすい都市ランキングの上位に毎年位置付けるほど、人気の高い都市です。
犯罪率も低く、街の生活水準が安定しているので、治安がよいことで有名です。
また、街が清潔なのも人気の秘訣です。

トロント留学の魅力

トロントは、語学留学する場所として非常に魅力的なところです。

その理由の一つは、色々なアクセントのある英語を習得することができる点です。
前述した通り、トロントは移民を多く受け入れているため、多くの人種が生活しています。
そのため、英語を話すにしても、少しクセの強い英語を話す人も多くいます。
住む場所がホストファミリーの家で、そのホストファミリーが移民のため少し英語にクセがある、なんてよくある話です。

クセの強い英語に慣れていると、標準語の英語が非常に聞きやすいと感じ、英語が上達するというケースもありますし、両方を聞いて学べる学習環境は、非常に恵まれています。

一方でバンクーバーも大都市で移民の多い都市ですが、日本人も多く滞在しているので、日本語が話しやすい環境となるのがネックです。
標準語、そしてクセのあるアクセントの英語を聞きながら、効率的に且つ早く英語を学ぶ学習環境が整っているのは、トロントの方ではないでしょうか。

また、マルチカルチャーな土地なので、いろいろな国の人々との交流の機会もあります。
トロントでは週末の広場や劇場などで、外国のフェスティバルなどが催し物として開催されることもあります。
よって、そういったところに積極的に行き、参加することで異文化体験を得ることも可能です。

トロントの生活

トロントに留学するとなった場合、一番懸念するポイントは生活面。

特に物価が高くないか、交通の便が良いか、といった点は非常に気になるポイントですよね。

まず、トロントでの物価は、カナダの中でも比較的安い傾向にあります。
食材の値段は、購入する食材により安い高いの差はありますが、お肉類はアメリカの隣国ということもあり、日本より安い傾向にあります。

また、野菜も日本と同等レベルの値段です。
料理ができる人であれば、1ヶ月の食材費を$150以内に抑えることも難しくはありません。
ただ、外食する場合はもう少し必要です。

バンクーバーではトロントより少し物価が上がります。
外食費も少しバンクーバーの方が高いでしょう。
トロントとバンクーバーを比較して物価の安い方を選ぶのであれば、トロントの方が良いかもしれません。

トロントは大きな都市ということもあり、地下鉄、バス、地域によっては路線バスが走っているので、
大変利便性が良く、どこに行くにしても困ることはありません。
交通の便が整っているので、通学や通勤はバスや地下鉄を利用する人が多くいます。
遠出を検討する以外は車の購入の必要もありません。

おすすめのトロントの語学学校

ここでは、トロントにあるおすすめの語学学校をご紹介します。

トロントのダウンタウンエリアの中心部にある「カプランインターナショナルイングリッシュ」のトロント校。
有名な観光地であるCNタワーからは目と鼻の先にあり、周りには美術館や劇場も近くにあるので、放課後や週末などに友達と訪れるなどの楽しさもあります。

定員数が15人と少数のため、先生と生徒の距離が近く、質の良い授業を受けることができます。学校では電子黒板を利用し、動画やオーディオなどを使った授業が行われるため、効率的に英語を習得することが可能です。

学校には日本人のスタッフも常駐しているので、何か困った際には相談できて安心です。

クラスは、2週間で英語を学ぶフレックス英語コース、5ヶ月や6ヶ月、8ヶ月と長期間にわたり総合的な英語を学ぶ長期パッケージコース、ビジネス英語コース、TOEFLやIELTSの試験対策を行う試験対策コースが用意されています。

トロントへの留学費用相場&内訳

トロントへ語学留学した際にかかる費用相場と内訳をご紹介します。

[学費目安]※カプラン語学学校の選択する国、コースによって学費設定に幅があります

・学費(2週間):$680〜
・学費(5ヶ月):$6,620〜
・学費(6ヶ月):$7,950〜
・学費(8ヶ月):$9,995〜

[その他費用]

・居住費(約1ヶ月):
ホームステイ:約$1,020〜
アパート:約$1,800〜
寮:約$1,660〜
・生活費(1ヶ月):
光熱費、通信費、水道代含む:約$200
食費:約$150〜300
交際費:約$100〜300
交通費:約$100〜300

まとめ

留学先としておすすめしたいカナダ、トロントの地域の魅力について、今回はご紹介しました。

トロントは広大な自然と大都市の両方が揃っている最高のロケーションです。
治安も良く、交通の便も発達しているので非常に住みやすい地域です。
また、英語と文化の両方を学べる土地として、非常に魅力的な学習環境が整っているエリアでもあります。

カナダの語学学校への留学を考えている人には、質の良い授業を受けることのできるカプラントロント校を自信を持っておすすめします。

TOP