留学ジャーニー

ポートランドが留学先としてオススメな理由

ポートランドへの語学留学を検討している方へ向け、ポートランドの特徴や魅力、観光スポットや、おすすめの語学学校を紹介します。

また、もっとも気になるポートランドへの留学費用の相場と内訳も徹底解説します。
ポートランドへ語学留学を検討している方は、ぜひ参考にしていただき、留学を有意義なものにしてください。

ポートランドの特徴(人口・気候・街・文化)

ポートランドはアメリカ合衆国オレゴン州の都市です。
同名の都市がアメリカ合衆国のメイン州にも存在しますが、今回はオレゴン州のポートランドをご紹介します。

人口は2010年現在583,776名で同州最大の都市になります。
地中海性気候に属し、冬場は比較的暖かく、夏場は気持ちの良い晴天の日が多く過ごしやすいのが特徴です。

街の中心部にはウィラメット川が流れ、多くのビルが立ち並んでいるものの、都市自体はコンパクトな作りとなっています。
またピエトロ・ベルーシなどの著名建築家による建築物も見られます。

現在のポートランドは若者文化の中心地として知られ、漫画や同人誌、アート、写真集などの作者が一堂に会するイベント「ポートランド・ジン・シンポジウム」が毎年開催されています。

ポートランド留学の魅力(学習環境・治安・消費税なし・交通の便)

ポートランドへ語学留学する最大のメリットは、全米一、住みやすいと言われているポートランドで学習できることです。
語学留学をする場合、治安は重要な要素になります。
その点、ポートランドは全米で3番目に治安の良い都市として知られています。

さらに、ポートランドは消費税がないことでも有名です。
留学中の食費や日常品の購入など、消費税がないことで留学生が得られるメリットも多くあります。

また、ポートランドは全米でもっとも自転車通勤に適した都市と言われています。
バスや電車は走っているものの、街自体も大きくありませんし、留学中は自転車でポートランドの街を満喫するのがおすすめです。

ポートランドでの観光スポット

ポートランドは芸術都市としての一面も持ち合わせています。
中でも1982年に設立されたポートランド美術館は太平洋岸北西部でもっとも古い美術館となります。
所蔵品は圧巻の32,000点とも言われポートランドの目玉観光スポットとなっています。

他にもオレゴン科学産業博物館や、美しい庭園を楽しめる蘭蘇園。
全米最大規模の個人書店と言われるパウエルズ・シティ・オブ・ブックスなどが楽しめます。

勉強で疲れた週末は自転車に乗り、ポートランドの観光スポットを巡れば良いリフレッシュになるでしょう。

ポートランドの語学学校

多数の語学学校が存在するポートランドですが、日本人語学留学生におすすめするのは、街の中心部に位置する「ポートランド語学学校」です。

生徒と教師の距離が近く、非常にアットホームな雰囲気が特徴です。
生徒の主要国籍はサウジアラビアン人ですが、日本人や韓国人、コロンビアやブラジルからも多くの生徒が語学を学びに来ています。

ポートランド語学学校への留学に興味がある方は、カプランインターナショナルイングリッシュで資料請求をしてみましょう。

ポートランド留学への留学費用相場&内訳

ポートランドへの語学留学でもっとも皆さんが気になる部分が留学費用でしょう。
今回は、ポートランドへ1か月の短期留学、6か月間の長期留学をした場合にかかる費用をご紹介します。

授業料
1か月:約1,660ドル
6か月:約8,980ドル

留学する語学学校により、若干の違いはありますが、概ね1か月間の学費は1,660ドルほどになります。
期間が長いほど学費は安くなり、6か月の留学では8,980ドルとなります。

滞在費
ホームステイ(1週間):約240ドル
学生寮(1週間):約380ドル

アメリカへ語学留学する場合の住まいは、ホームステイと学生寮が主流です。

現地のご家庭でお世話になるホームステイは1日に2食が提供されるケースが多くおすすめです。ポートランドで1か月間のホームステイをした場合にかかる平均予算は約960ドルとなります。

学生寮はホームステイに比べ、滞在費が高くなりますが、世界各国から集まる留学生と親交を深めるには最適な選択です。
1か月間、学生寮を利用した場合の滞在費は約1,520ドルとなります。
自身の予算に応じて、ホームステイにするか、学生寮を利用するか検討しましょう。

語学留学では、その他に往復の航空券や海外旅行保険、現地の出交際費などがかかります。

まとめ

今回は、アメリカの人気都市ポートランドをご紹介しました。

過ごしやすい気候で、治安も良く、観光スポットも多いことから、ポートランドは語学留学に適した都市と言えるでしょう。

まだまだ、あまり知られていない留学先ではありますが、この記事を読んでポートランドに興味を持っていただいた方は、
ぜひ資料請求を行い、ポートランドへの留学を検討してみてください。

TOP