留学ジャーニー

  • マイアミに留学したい人が知っておきたい3つのこと【費用・治安】

マイアミに留学したい人が知っておきたい3つのこと【費用・治安】

「マイアミへの留学って、どうなの?」
「ホームステイと学生寮のどちらがいい?」

留学先にマイアミを考えたものの、どんなところなのか、留学をして効果があるのかを疑問に思う人は少なくありません。

また、治安はどうなのか。費用はいくらくらいかかるのか。といったものは気になるところだと思います。

この記事では、マイアミの特徴や治安、留学にかかる費用を説明いたします。

マイアミの特徴(基本情報・気候・魅力)

マイアミへの留学を検討している方はすでにご存知だとは思いますが、改めてマイアミについておさらいをしましょう。

マイアミの基本情報と気候

マイアミは、アメリカ南部のフロリダ州に位置する都市です。夏の気温は35度以上になりますが、12月や1月などの真冬でも平均気温が25度以上となるため比較的暖かく、海に入ることもできます。

アメリカの他の州からマイアミに移住する人も多く、シーズンになるとたくさんの国から観光客が訪れます。また、マイアミに住んでいる人は比較的温厚な人が多いです。それは、様々な人種や他国・他の州からの移住者が集まっていることも影響していると考えられます。

マイアミの魅力

マイアミの魅力は、主に2つあります。それは、「生活しやすい地域であること」と「日本人が少ない」ということです。

まずは、「生活のしやすい地域」について説明しましょう。

マイアミには大きな町がある一方で、綺麗な青いビーチもあります。ですから、勉強と遊びの両方を楽しむことができるのです。

「せっかくの留学だから勉強しなければ」と思う方もいらっしゃると思います。

もちろん勉強も大事ですが、息抜きや実際に学んだ英語を使うことも重要なことです。友達を作って、英語を話す機会を増やすことは語学力アップに効果的です。

2つ目は、「日本人が少ない」ということです。
先ほど説明したような他のところから移住してくる人だけでなく、留学生も多いです。

その国籍を見てみると、ブラジル・ベネズエラなどの南米やドイツ・フランスといったヨーロッパが多く、アジアからの留学生が少ないのです。その中でも日本人は少ないです。

日本人が少ないことで、不安に思う人はいらっしゃると思います。しかし語学力アップにおいては、できるだけ日本語を会話に使わず、あらゆるコミュニケーションを英語で行うことが上達の近道になります。

ですので、こうしたマイアミの環境は語学アップにはベストであると思います。

マイアミの中で治安の悪い場所5つ

マイアミはリゾート地としてセレブが住む高級住宅地が多くある一方、多くのヒスパニック系移民が住む大きなダウンタウンがあり、貧富の差が激しい場所であるため、犯罪率も決して低くありません。

しかし、実際は危ない所に行かなければ比較的安全です。
では、マイアミのどの辺りが危険なのでしょうか?

①オーヴァータウン

マイアミのダウンタウンの北西部に位置する街です。マイアミの中でも犯罪率が高く、地元の人でも避ける地域です。傷害事件や盗難事件が発生しています。

②リバティーシティー

オーヴァータウンの北側に位置する街です。人通りが少なく、ギャングやドラッグの問題が起こっている場所で、銃犯罪が起こることもあります。

③オーパロッカ

傷害や窃盗事件、ギャング抗争が多い地区です。犯罪発生率は上昇していて、全米でも有数の治安の悪い場所です。

④ビスケーン大通り

この通りのいくつかのエリアでは、売春やドラッグが広まっています。傷害や泥棒、侵入盗が多く、ホームレスも多数。特にダウンタウンより北のビスケーン大通りには行かないようにしましょう。

⑤ダウンタウン

昼間は賑わっていますが、夜は人通りが少なくなります。危険ですので、歩き回るのは控えましょう。

アメリカに住むならどの都市に行ってもいえることですが、自分の身は自分で守れるよう気をつけて生活をすることが大切です。

マイアミという土地柄、夜のイベントなどに出歩きたくなりますが、そういうときはタクシーでクラブまで行くなど、できる限り夜の単独行動は控えましょう。

マイアミへの留学にかかる費用

ここでは、マイアミへの留学にかかる費用についてご説明します。

留学費用は留学する期間によって、金額は変わってきます。今回は2週間・半年・1年間の3つに分けてご説明します。

また、かかる費用として「授業料」「宿泊費用(ホームステイ・学生寮)」「食費」「交際費」「交通費(現地でのもの)」を挙げています。
ただし、これらは留学中にかかる費用です。留学前の「航空料金」「海外留学保険」「健康診断料」「諸手続き費用」は別途かかります。

●2週間の留学

授業料 約$830
【宿泊費】
ホームステイ 約$600
学生寮 約$900
食費 約$150~$300
交際費 約$100~$300
交通費 約$100~$200
合計 (ホームステイ)$1780~2230
(学生寮)$2080~2530

●半年の留学

授業料 約$9,720
【宿泊費】
ホームステイ 約$7,200
学生寮 約$10,800
食費 約$1,500~$2,000
交際費 約$1,200~$1,800
交通費 約$600〜$1,200
合計 (ホームステイ)$20,220~21,920
(学生寮)$23,820~25,520

●1年の留学

授業料 約$15,000
【宿泊費】
ホームステイ 約$14,400
学生寮 約$21,600
食費 約$3,000~$4,000
交際費 約$2,400~$3,600
交通費 約$1,200~$2,400
合計 (ホームステイ)$36,000~39,400
(学生寮)$43,200~46,600

今回、ここに挙げた費用は一つの具体例です。
どこの語学学校で学ぶか、どんなところに滞在するのか、現地の友達とたくさん遊びに行くかなど、人によって金額は違ってくるので、ご注意ください。

まとめ

では、ここで記事のおさらいをしましょう。

  • マイアミはフロリダ州にある都市。
  • マイアミの魅力は「生活のしやすい地域であること」と「日本人が少ないこと」。
  • マイアミには特に治安の悪い場所が5つある
  • マイアミへの留学には1年の場合$40,000くらいかかる。

留学ができる国や都市は、たくさんあります。
せっかく留学をするなら自分の行く目的にあった場所に行くと良いでしょう。
その中で「語学力アップ」が目的の人には、日本人が少なく、勉強と遊びの両立ができるマイアミへの留学をおすすめします。

カプランインターナショナルでは、マイアミ語学学校で目的に応じたコースを提供しています。
スピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの4技能をバランスよく学習する「総合英語コース」や総合英語コースにビジネス英語や試験対策といった特別なスキルを学ぶことのできる「集中英語コース」というものがございます。
また、こういった英語学習のコースだけでなく、英語の試験対策コースも選ぶことができます。
ぜひご検討ください。

TOP