留学ジャーニー

  • 30代からの留学は遅い?男性も女性も今から留学をした方が良い理由

30代からの留学は遅い?男性も女性も今から留学をした方が良い理由

「30代での留学はもう遅いのか」
「仕事を辞めて留学するのは、後々考えると不安、、」

男女問わず、30代での留学に悩む人たちはこのように考えるはずです。年齢だけでなく、費用や海外生活、帰国後の就職など学生時代に比べ、「留学する」という決断をしづらいですよね。

この記事では実際に30代で留学経験をした女性の経験談と30代で留学をするメリット・デメリットなどについて、詳しくご紹介します。

30代になってから語学留学するのは遅いのか

日本では、「転職は35歳まで」「女性は30歳までに結婚した方がいい」など、年齢のことで周囲からとやかく言われてしまいがちです。そのため、「30代になってから語学留学しても遅いのでは」と、年齢を気にしている人も多いのではないでしょうか。実際に30代で留学して学生に戻るというのは、かなり勇気がいることかもしれません。仕事を辞めて収入がなくなることに対し、不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、一歩海外に出れば50代になってから大学で勉強を始める人がいたり、飛び級をして10代で起業する人がいたりなど「何かをしたい」と思った時に、年齢に関係なく実現している人がたくさんいます。

30代での留学を決めた人にきっかけを聞いてみると「将来、後悔したくなかったから」という答えが多く返ってきます。何かを始めるのに、30代だからもう遅いと決めつけてしまうのは、とてももったいないことです。年を重ねて後悔しないためにも、自分がやりたいことに自信を持って挑戦することが大切です。

ブログを見ると現地での生活や帰ってきてからの就職などの情報がわかるかも

30代での留学に悩んでいる人はたくさんいます。そのような人たちがどんな悩みを抱えていたのか、どのように決断したのか知りたいですよね。そんな時にオススメの方法が、「留学経験者のブログを見ること」です。

多くのブログには以下のようなことが書かれています。

・30代で語学留学を決めたキッカケ
・仕事を辞めることについて
・社会人経験のある人の留学で得られること
・女性特有の悩み
・国選びのポイント
・海外生活のいろは
・帰国後のキャリア選択

このような「人生の先輩方の成功体験・失敗体験」を踏まえた上で、留学の決断をしてみてはいかがでしょうか?

30代からの留学が難しい理由

「そうはいっても、30代での留学になかなか踏み切れない」という人の理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げられるのが、金銭面でのデメリットです。
30代で留学しようとすると、一般的に費用が高くなってしまう傾向があります。 10代や20代の頃であれば、住居費を節約するためシェアハウスで大勢の友人と暮らしたり、安い屋台で食事を済ませたりといったことに、抵抗がない人も多いものです。

一方30代になるとだんだんと生活に対する好みが確立され「きちんとした住居スペースが欲しい」「食事はきちんとしたものを取りたい」など、こだわりを強く持っている人もいます。その結果、10代や20代で留学をするのに比べて、生活費が高くついてしまう可能性があります。

また、仕事面でのデメリットもあります。
仕事を辞めて30代で留学し、帰国後再就職をしようとすると、なかなか仕事が見つからないという厳しい現実があります。キャリアや語学力は20代の頃よりあるのにも関わらず、書類審査にさえ受からないというケースも多くあります。

日本では就職時の年齢に対する壁が高く、30代での正社員での内定はなかなか厳しいと言えるでしょう。帰国後の就職について心配せずに学業に専念するためには、例えば今の会社に休職を認めてもらえないか交渉してみるという方法があります。また、外資系企業であれば実力主義のため、30代でも正社員として就職できる可能性が高いでしょう。

30代での留学で得られること

10代や20代前半で留学するのとは異なり、社会人経験を積んだ30代だからこそ、留学で得られる良さもあります。

30代での留学のメリットは、まず第一にお金や時間を大切にし、勉強することに喜びを感じられるという点です。
30代で留学する人たちは、自分で働いたお金で留学するため、お金や時間を無駄にせず意欲的に勉学に励もうとする傾向にあります。10代や20代の留学生は、親に金銭的に援助してもらっている人が多く、何を学びたいかが不明確で、1年留学したのに英語が話せないままという人もいます。

一方、社会人経験を積んでいる30代の留学生は、お金を稼ぐことの大変さがよくわかっているため、学費を無駄にせずしっかり学ぼうと意識が芽生えています。勉強に専念できることの貴重さを心から理解しているため、学生時代には面倒だと思っていた勉強に、楽しみながら取り組めるという人も多いことでしょう。

また、周りに流されず、実りのある留学生活を送ることができるというメリットもあります。
社会人経験を積んでいる30代は、これまでの経験から何を学びたいのか、目的意識が明確になっている人が多いものです。10代や20代の頃とは違い判断力がついているため、留学先でも周りに流されることなく、落ち着いた生活を送ることができます。目的が明確になっている分、努力すべき方向性も分かっているで、実りの多い留学生活となるはずです。

留学に年齢は関係ない|留学を成功させる2つのポイント

近年30代の留学はとても多いです。つまり、留学に年齢は関係ありません。それよりも、留学を成功させるために大切なポイントがあるので紹介します。

目的意識を持って留学に臨むこと

「留学さえすれば、将来必ず自分にとってプラスになる」このように考えている人は多いかと思います。

しかしこれは大きな間違いで、目的意識を明確にして、なぜ留学をするのかを明確にしてから渡航しないと、費やした時間とお金が無駄になってしまいます。

中には、1年間アメリカに留学したにも関わらず、全く話せずに帰国してくる人もいます。そういう人は当然、その後の就職も難しくなります。

しかし留学体験で得られるのは、語学力の上達だけではありません。世界中から集まる学生と日々切磋琢磨し合う中で、グローバル社会を生き抜く上で必要なスキルを学んだり、掛け替えのない仲間を得ることも可能です。

自分がなぜ留学したいのか、それ以上の価値を得る努力を自分はできるのか。しっかりとした目的意識を持って留学することで、得られるものは計り知れないものになるでしょう。

日本人と群れないこと

「日本人は留学先でよく群れる」これは有名な話ですよね。
なぜ群れるのかというと、

①英語が話せず、不安だから

②母国語が同じで、言いたいことを言える人たちと遊んだ方が楽しい

このような理由になります。しかし、せっかく時間とお金をかけていくのに、日本人だけでいたら日本にいるのと変わりませんよね。

「日本語は帰国するまで一切話さない」くらいの覚悟がなければ、1年やそこらで語学の飛躍的な成長は見込めません。その辺りについても、渡航前に一度考えてみてはいかがでしょうか。

海外留学の種類

カプランでは、社会人向けにさまざまな留学プランを用意しています。

短期語学留学プラン

2週間~数週間程度滞在し、一般英語やビジネス英語など、ニーズに合わせさまざまな選択授業を受けることができます。仕事を辞めずに有給休暇などを利用して、海外で異文化に触れ語学を学ぶことができます。

長期語学留学プラン

5ヶ月~最長1年間滞在し、英語力の上達や多くの国際経験を積むことをめざします。

カプランの長期留学コースには、ゼネラル英語コースとインテンシブ英語コースがあります。
インテンシブ英語コースでは週6時間、ビジネス英語や試験対策など、一つのスキルに特化した特別授業を受講することができます。

大学進学準備コース(ボーンマス校・ロンドン校ほか)

海外の大学に進学するための準備コースです。およそ半年~1年程度、インテンシブ英語レッスンやマンツーマンレッスンなどを受講し、大学進学に必要な英語力を養います。

ワーキングホリデープログラム(ブリスベン校・オークランド校ほか)

3ヶ月間の英語コースを受講した後、ワーキングホリデービザで就労できる雇用先の面接をうけることができます。最長で6ヶ月まで就労が可能です。

まとめ

ここまでの話をまとめてみましょう。30代で留学に迷う人に伝えたいことは以下です。

・留学では、語学以外にも掛け替えのないものが手に入る

・留学は目的意識を持って行けば、必ず実りあるものになる

・留学先で日本人と蒸れないこと

・時間や費用をかけてでも、それ以上得るものがある

・期間や費用に応じた留学先を選ぶ

年齢を理由に留学を迷う必要はありません。上記のポイントを今一度考え、素敵な留学に踏み切ってはいかがでしょうか。

TOP