留学ジャーニー

  • 半年の留学で英語力は身につくの?必要な費用や荷物、保険について

半年の留学で英語力は身につくの?必要な費用や荷物、保険について

「留学したいけど、期間はどれくらいがいいの?」
「時間や費用を考えると、語学留学は長くて半年かな?」
という考えの人は多いかと思います。

このページでは、期間別に語学留学で得られる効果やかかる費用、必要な保険をはじめ、オススメな留学プランについて順を追って説明していきます。

【留学期間別】身につく英語力一覧

一般にいわれている英語力の身につくおおよその期間は下記の通りです。

3~6カ月

集中して語学学校に通い、初級レベルを脱出し、旅行中に困らないレベルまで英語力を伸ばすことができます。

留学して最初の1カ月は、英語の授業に慣れることで精いっぱいです。2カ月目も1カ月目と同様で、授業の内容を聞いて理解するだけで余裕がありません。

しかし、2カ月を過ぎれば英語の学習方法も身につけることができ、3~6カ月目にかけては身につけた授業の内容を生活にも使用できるようになります。英語ビギナーが日常英会話をできるようになるまでの留学期間は最低3カ月といわれています。

6~8カ月

英語で意思疎通ができるほどの英語力がつきます。英語の学習方法をマスターしている段階のため自分の苦手な部分が把握でき、どうすれば克服することができるか理解している状態です。

8カ月~12カ月

基礎英語力がしっかりと身につきワンランク上の英語を話すことができるようになります。またスムーズに英語で会話することができるようになります。

通訳など翻訳関係の仕事に就きたいと考える方は、2年以上の留学期間が必要になります。また、通訳などは継続して英語力を身につける努力が必要です。

半年間の留学の特徴を紹介。短期留学や1年間以上の留学と比較

留学期間として短期、中期、長期とありますがそれぞれを比較してみましょう。

超短期留学

忙しい社会人の中で最近注目を集めているのが、1~2週間という超短期間の語学留学です。こちらは、仕事の長期休みや有給を取得して留学することができる、費用を安く抑えることができる、現地に慣れることができるといったメリットがあります。

ですが、超短期間のため英語を身につけることはできません。

短期留学

比較的多くの留学生が選ぶ留学期間は1~3カ月の短期留学です。短期留学ではブランク期間が短くて済むため、キャリアや転職活動への影響もそこまでありません。

ですが、やっと英語を理解することができて、楽しくなってくる時期でもあり、これからぐっと英語力が伸びるという時期に帰国となってしまいます。

中期留学

留学初期と比べて英語のリスニング力や英語力が大きく伸び、留学先での生活もだいぶ慣れてくる4カ月~半年の留学はブランク期間が長いため、キャリアや転職活動へ影響を与えるだけでなく出費も増えてしまいます。

社会では、単なる語学留学はキャリアアップとみなされません。そのため、帰国後の人生設計をしっかりと組み立てることをおすすめします。

長期留学

半年~1年間の長期留学生活では、英会話力は努力次第でネイティブとも問題なく会話することができるようなレベルになります。現地では、すっかり慣れて英語以外にも文化や歴史などに触れる余裕も出てきます。

一方で、刺激的だった海外生活もマンネリ化してしまい、努力を怠れば英語力も成長は止まってしまいます。どうやってモチベーションを高く持ち続けるかが、英語力を向上し続ける鍵となります。

また、出費が増えてキャリアへの影響が出てしまうことは否めません。そのためインターンを積極的に行い、実務経験を積み重ねておく努力が必要になります。

費用や効果からみて、半年間の留学が最もオススメな理由

留学期間としては半年間がおすすめです。それは3カ月以降から語学力が急成長し、努力次第で半年間でネイティブとの会話もできるようになるからです。また、転職活動への影響も、半年~1年間の留学と比較してそこまで大きな差はありません。

半年以上の留学の際の注意点

上記にも記載したように、社会人であればブランク期間が長いほどキャリアや就職活動に影響を及ぼしてしまうため、インターンを行い実績を積む必要があります。そうすることにより、帰国後、インターンをしていなかった方よりもスムーズに内定がもらえます。

また、語学学習がマンネリ化してしまうため、目標を明確に定めながら学習を進める必要があります。学習を怠ってしまったら、英語力の成長が止まってしまうため、常に学習する習慣を身につけておきましょう。

【不安解消】半年の留学で必要なものまとめ

半年も留学すれば和食が恋しくなります。日本の食品があまり売っていないような国へ留学するようであれば、インスタントの味噌汁や袋麺などを持参しましょう。

語学学校でライティングの宿題が出ても困らないようにノートパソコンを持参しましょう。手書きよりパソコンで打込む方が圧倒的に早いです。現地の大学へ通うのであればパソコンで授業内容をメモするのが一般的です。

電子辞書は欠かせません。現在は、ケータイやパソコンで何でもできますが、すべて電波があっての話です。電波が入らない場所では、電子辞書が活躍します。また、電子辞書の充電器や予備の電池も合わせて持参しましょう。

常備薬や化粧品・スキンケア用品は日本から持っていくことをおすすめします。留学先でも購入することはできますが、いつも使用しているものを使うほうが早く効き目があり、肌トラブルが起きません。

大学生が留学する人気の時期

大学生は、大学生活にも慣れて余裕ができはじめた2年生に留学する方が多いです。次いで、3年生のときに留学する方が多いです。1年生で大学生活にまだ慣れていない時期や、4年生で就職活動が忙しい時期に留学をする方は少ないです。

5カ月以上から選べる留学プログラムの紹介

KAPLANでは、5カ月以上から選べる長期間の留学プログラムを用意しています。最終的な英語レベルの目標や留学の目的に合わせて、自分に合うコース期間やコースを選び充実した留学ライフを送りましょう。

留学内容を確認する

留学は目標を定めることから

留学は、期間により習得できる英語力が変わってきます。超短期での留学では、満足できるほどの英語力を身につけることが難しいです。長期間での留学は、語学の学習がマンネリ化しかねません。

留学する際は、目標をしっかりと定めることにより計画的に英語力を伸ばすことができます。まずは、目標を定めることから始めてみてはいかがでしょうか。

TOP