留学ジャーニー

  • 英語を学ぶ為の語学留学先として代表的な国の特徴&費用目安

英語を学ぶ為の語学留学先として代表的な国の特徴&費用目安

グローバル化が進む中、日本でも英語が話せる人が増えてきました。日本の英語教育カリキュラムは実際のところ非常に進んでいるのですが、実践経験が積めないところが唯一の欠点です。しかし、逆にいえばあと実践を積めばよいだけなのです。学校英語で丁寧に身につけた英語力を留学で昇華させましょう。

各国の留学先としての特徴&費用目安(アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダ・シンガポール・ニュージーランド・マルタ)

英語を磨きたいのであれば、当然ですが英語圏に留学するとよいでしょう。ここで、英語圏の留学先として代表的な国の留学事情について説明します。

アメリカ

今世界中で話されている英語は「米語」であり、アメリカ英語がスタンダードです。そのため、アメリカ留学は最もスタンダードな英語を学ぶことができます。先進国であり、生活上の不便もないところを見ると、語学留学にはかなり適している場所です。

しかし、人気の留学国ですので、日本人留学生も多く、日本人で固まって過ごしてしまう恐れもあります。アメリカ留学費は3カ月で70万~120万円を見ていたほうがよいでしょう。このうち大部分を占めているのが学費です。語学学校では月に5万~25万円程度かかります。

イギリス

ヨーロッパでの英語留学を考えている方はイギリスをおすすめします。イギリスでは、ネイティブが扱う本来の英語を学ぶことができます。他のヨーロッパ諸国に手軽に旅行できる点も魅力的です。

イギリス留学費は3カ月で50万~100万円が相場です。アメリカに比べると比較的安めです。学費は留学目的で変動します。語学学校への留学は月7万~16万円が相場で、高校や大学の留学は年に130万~260万円かかります。

オーストラリア

オーストラリアではワーキングホリデー目的で留学する人が多くいます。英語力がそこまで高くなくても働ける場所がありますので安心です。ワーキングホリデーは、働きながら実践的な英語を身につけられるところが特徴です。

留学費は3カ月で50万~80万円と比較的安いです。デメリットとしては、オーストラリア訛りが最初は慣れないところです。

カナダ

「治安がよい」「訛りが少ない」「教育水準が高い」と留学に必要な3要素がしっかりと揃った留学国です。ケベック州ではフランス語も学ぶことができます。冬の厳しい寒ささえ凌げば留学には最適です。費用も比較的安く、3カ月で50万~110万円です。物価が都市によって変わってきます。バンクーバーは人気の留学先ですが、物価の安さで選ぶのでしたら首都オタワがよいでしょう。

シンガポール

アジアの英語圏として人気の高いシンガポールは世界中から多くの留学生が集まってきます。また、中国語も公用語として使われているため、英語+中国語を学びたい人にもおすすめです。

シンガポール留学は生活費があまりかからないのも特徴です。ルームシェアによる滞在、屋台による食費節約で1カ月分の生活費は10万円以内に収まります。

しかし、学費が高めで、3カ月の留学では30万~60万円かかります。それでも欧米諸国に比べると比較的安く最先端の教育を受けることができるので、コストパフォーマンスはよいと思います。

ニュージーランド

「世界の箱庭」と評される自然の宝庫。広大な大自然の中、日常の喧騒を忘れ、ゆったりと語学に打ち込むことができます。教育水準も世界トップレベルと評されており、毎年さまざまな国から留学生を受け入れています。

留学費の目安は3カ月で40万~80万円と安いです。食費は外食を抑えれば月3万円で済みます。滞在費の目安は月に7万円ですが、ファームステイを利用するとより安く滞在することができるでしょう。

マルタ

ヨーロッパのリゾート地でゆったりと語学留学ができる国です。治安もよく、物価も安いのでとても生活しやすい国です。日本人には英語留学国として知名度が高くないので、留学先で日本人だけで固まってしまうということもありません。

留学にかかる費用の目安は50万~90万円と比較的安いです。留学は時期によって費用が大きく変動する点も特徴です。やはりリゾート地のシーズン中は多くの観光客、留学生が集まりますので、滞在費や学費、渡航費が高くなります。

韓国・中国の留学先としての特徴&費用目安

非英語圏で人気の高い留学場所を紹介します。留学生同士では英語の会話になることもありますので、第二外国語+英語力を身につけることができるでしょう。

韓国

アジア諸国の中で高い教育水準を持っていると世界でも評判のよい国です。特にITに関しては世界最先端の技術を持っています。留学生の受け入れ態勢も整っており、奨学金を利用しやすい点もポイントです。

費用の目安は3カ月で30万~70万円と安いです。渡航費はうまく予約が取れると1万円以内に収まり、学費も場所を選ぶと1カ月に5万円程度でかなりコストパフォーマンスがよいです。
 

中国

第二外国語として人気の高い中国語。中国は非英語圏の留学先として最も多くの日本人が訪ねている国です。中国では日本語を学んでいる学生がかなり多いので、現地の学生と簡単に交流ができるところが特徴です。

費用の目安は40万~60万円です。物価は徐々に高くなってきていますが、生活費は安いです。食費+滞在費はうまく節約すると5万円以内で収まります。

また、地方のほうが物価は安いです。北京語=標準語だと誤解されていますが、北京語は中国人でも聞き取れないほど訛りのある方言ですので、留学先を北京にこだわる必要はないでしょう。

留学は視野を広げてくれる

留学は単に語学を学ぶために行くのではありません。今までの常識がまったく通用しない国に滞在して視野を広くするところにも意義があります。たとえ語学力が低くても留学はあなたの人生のターニングポイントとなるでしょう。

TOP