留学ジャーニー

  • 3ヶ月の留学で英語力は確実に伸びる。国や費用、現地での生活まとめ

3ヶ月の留学で英語力は確実に伸びる。国や費用、現地での生活まとめ

「3カ月の留学で英語力は伸びないでしょ?」
「海外生活は物価も高く、3ヶ月間の滞在費は高いのではないか?」
と考えてしまうことがありますよね。
そこで、3カ月の短期留学や語学留学のメリット・デメリットを、国別に詳しく紹介していきます。
合わせて、ワーキングホリデーやMBAコースなどの留学スタイル別の特徴と費用もまとめました。

「3カ月」という短期留学のメリットとデメリットを紹介。費用、語学力、現地での生活について

<メリット>

  • 長期留学に比べると期間が短い分、費用も少なく済む
  • ある程度の基礎があれば、日常生活レベルの英会話を習得できる
  • 「訪れる」ではなく、「暮らす」という感覚を味わえる
  • 「現地に入り込む」生活ができる
  • 本場(現地)の言語に触れることができる
  • 語学学校のアクティビティの時間に観光ができる
  • 長期留学に比べて金銭的なハードル、心理的なハードルが低い
  • これまでの環境を大きく変えずに済む

<デメリット>

  • 日常生活レベル以上の英語力を身につけるには期間が短い(*ビジネス英語を習得するなら相当の努力が必要)
  • 英語学習以外のことに充てる時間が十分にない
  • (現地の)季節ごとのイベントを全て経験できない
  • 日本人コミュニティーの中で過ごしてしまい、語学力がつかない
  • 滞在期間が短いため、ようやく慣れてきた頃に帰国してしまう

3カ月という短期留学の最大のメリットは、費用が少なくて済むという点が最も大きいといえます。

また、通常の海外旅行は1週間~2週間という期間が一般的ですが、旅行では味わうことのできない海外での生活を満喫することができます。

これに対してデメリットは、日常生活レベル以上の英語力を身につけるには時間が短いという点です。ビジネス会話や専門的会話などのように、高いスキルを身につけたいという場合はやはり長期留学の方がおすすめです。

【語学留学・ワーキングホリデー・MBAコース】留学スタイルの特徴と違い

「留学」と一言にいっても、実は目的によってさまざまな種類があります。語学留学、ワーキングホリデー、MBAコースなどが一般的ですが、それぞれの違いを解説していきましょう。

一般的な語学留学は、現地の大学や専門学校などに入学し、語学を学ぶことを目的としています。あくまでも「学ぶ」ことが目的であるため、学校への出席率や成績などが著しく悪い場合、ビザが取り消されてしまうこともあります。しかし、1日の多くを学習に費やすことができます。

これに対し、ワーキングホリデーはその名の通り現地で「働く」ことも可能です。語学留学よりも自由度が高く、さまざまな経験を通してその国の文化を知ってもらうことを目的としているためです。ただし、18歳から30歳までという年齢制限があり、最長1年間という期限が設けられています。

最後にMBAコースですが、これは主に社会人向けの留学制度です。海外留学を通してMBA(経営学修士)を取得することを目的としており、英語だけではなく経営学も学ぶことを目的としています。キャリアアップや自己啓発などを目指す人が多く、2年間程度の長期留学をしながら学びます。

人気留学先の特徴を国ごとに紹介。滞在費や航空券にここまで差がでる

アメリカ

世界最大の経済大国であるアメリカには、ハイレベルな大学が多いことが特徴です。また、AppleやGoogle、Amazon、Microsoftなどの名だたるIT企業はいずれもアメリカの企業であることからもわかるように、常に最先端のテクノロジーに触れることも可能です。物価が非常に高く、高額なコストがかかってしまうことはデメリットではありますが、それでもアメリカを留学先に選ぶ人は多いです。

カナダ

日本人に最も人気の留学先といえば「カナダ」。物価が安く治安も安定しており、暮らしやすい国です。留学経験のない人であっても現地に日本人も多いので、安心して渡航できるという点が大きなメリットではないでしょうか。北海道よりも緯度が高いため、冬は厳しい寒さに襲われる都市も少なくありません。渡航先の気候もリサーチしながら検討しましょう。

イギリス

イギリスは非常に物価が高いことで有名です。ワーキングホリデーは定員が少ないうえ、そもそも渡航にも多くの条件があるため留学先としてのハードルは非常に高い国であるといえます。

オーストラリア

オーストラリアには留学生を守る法律「ESOS法」があります。留学生に質の高い教育および安全を保護することで快適に学ぶ機会を提供することを定めたもので、留学生にとっても安全で楽しく学べる様々なサポートを受けられるというメリットがあります。日本という国に対しても好意的な親日国であることも留学先として高い人気を誇る一つの理由です。

ニュージーランド

治安のよさを最優先するのであれば、ニュージーランドへの留学がおすすめです。自然豊かな環境の中で英語の学習に集中でき、大らかな国柄なのでさまざまな国籍の人々を受け入れています。ただし、自然が豊かであるということの反面、働き口は少ない傾向にあります。ワーキングホリデーよりは語学留学向けの国であるといえます。

アイルランド

アイルランドの特徴は日本人が非常に少ないことが挙げられます。しかし、アイルランド人は非常に気さくで、フレンドリーに接してくれます。つまり、常に英語での会話が要求され、周りに日本語を理解してくれる人がいないということは、その分英語力もアップしやすいということを意味しています。

留学スタイル別の留学費用

留学費用は留学先の国によって大きく変わってきますが、今回はアメリカを例に解説していきます。

入学金:10万~15万円
授業料:授業料・教材費:7万~15万円/月
住居費:家賃 7万~10万円/月
食費:3万~5万円/月
渡航費:往復15万円

授業料や入学金、住居費はあくまでも一例として挙げているため、入学する学校や都市によって大幅に変わってくる場合があります。これらを合算すると、3カ月でおよそ70万~120万円程度を見込んでおくとよいでしょう。

さらに、ワーキングホリデーのように現地で働く場合はコストは安く抑えることができます。ただし、当然のことながらある程度の英語力が要求されるうえに、必ずしも現地で仕事が見つかるという保障はありませんので注意しましょう。

MBAコースの場合、2年間の授業料だけで最低150万円以上といわれています。これは一般的な州立大学の場合ですが、私立上位校などの場合は300万円以上かかることもあるため、入念にリサーチしておく必要があります。

 3カ月の留学でも確実に英語力は身につく

冒頭でもご紹介したように、3カ月という短期留学の場合、基本的な日常会話レベルの英語であれば十分身につけることは可能です。ただし、あくまでも「英語を本気で学びたい」という気持ちが絶対的な条件です。仕事や専門的な内容の英語を身につけるためには、MBAコースや1年以上の長期留学によって英語漬けの環境を作ることがベストであるといえます。

個人差によっても変わってきますが、TOEIC®500点前後の人が3カ月の留学後には700点~800点にアップすることもあるようです。留学先の大学によっては、周りの留学生が自分よりも英語力が高く圧倒される、ということも少なくありません。しかし、そのようなレベルの高い環境こそがあなたの英語力を短期間で上達させてくれるベストな環境であるといえます。

周りの空気に圧倒されて気負ってしまうこともあるかもしれませんが、せっかく海外に来たのですから、今までにない自分を表現するように積極的に英語で話しかけてみてください。

TOP